日本音楽技術協会の理念

音楽を愛する人が歌や楽器などの音楽技術の向上することにより、ご自身の霊格の成長を目指します


音技協が目指す3つの社会貢献

音技協は音楽を通した社会貢献も志していますが、あくまで音技協の理念を表すものであり、科学的根拠はありませんのでご了解願います。

①病気の予防

演奏、歌、ダンスの音楽活動で体の血流を増やし、免疫力を高め、脳を活性化して、うつ、認知症、感染症などの病気の予防をサポートします。

②引きこもり解消

引きこもりがちな方へ、音楽ライブ、音楽セミナー、ボランティア演奏、チャリティーコンサートなどのイベントを通じて、外に目を向ける活動を提供します。

③児童虐待防止

音楽活動に目を向けることで、大人のストレス発散の対象を小さな子どもではなく、音楽の活動で解消出来る機会を増やします。