ワンランク上の音楽活動を

一般社団法人日本音楽技術協会(音技協:おんぎきょう)とは?

音楽を愛する人の音楽技術の向上と、音楽で社会貢献をめざす一般社団法人です。

協会の理念にご賛同を頂ける方は、会員として一緒に活動をしてゆきましょう


日本音楽技術協会の理念

音楽を愛する人が歌や楽器の音楽技術の向上することにより、成長と自己実現を達成します。その結果、周りの人にも良い影響を与えることになり、音楽による社会貢献を実現します。

音技協が目指す3つの社会貢献

①病気の予防

演奏、歌、ダンスの音楽活動で体の血流を増やし、免疫力を高め、脳を活性化して、うつ、認知症、感染症などの病気の予防をします。

②巣ごもり活動の支援

コロナ禍において、オンラインの音楽ライブ、音楽セミナー、ボランティア演奏、チャリティーコンサートなどのイベントを通じて、巣ごもり需要をサポートします。

③児童虐待防止

音楽活動に目を向けることで、大人のストレス発散の対象を小さな子どもではなく、音楽の活動で解消出来る機会を増やします。


音技協からのメッセージ

①音楽などの芸術は自己肯定感を高めます。生きにくい人は自己肯定感が低いことが大きな理由の一つです。自己肯定感を高め、より生きやすい世界を実現するには、音楽などの芸術をする必要があります。

②音楽を演奏する技術は大きな財産です。あたたの音楽を演奏する技術は必ず誰かの役に立ち報酬を受け取る価値があるかも知れません。それはあなたの喜びでもあり、周りの人の喜びでもあります。

③音楽は積極的に参加することに意義があります。言わばオリンピックの様なものです。音楽を聴き流すだけの傍観者から脱却すれば、あなたの人生も大きく変わります。


協会スローガン

◇音楽に挑戦するときめき
◇音楽の演奏が出来る楽しさ
◇音楽で成長する喜び


こんな方を協会はお待ちしています

  • 音楽の技術をさらに高めたいと思っている方
  • 音楽の人脈を広めたいと思っている方
  • 音楽で社会貢献をしたいと考えている方

代表理事からのメッセージ

「音楽は人を助ける」この事実に気づいた事が協会発足の動機です。その理念達成のために、あなたの力が必要としています。今日から私たちと一緒に活動して参りましょう!


一般社団法人 日本音楽技術協会は招待制です。会員から招待された方は、プレイヤー会員、もしくはリスナー会員として活動出来ます。

 


一般社団法人日本音楽技術協会
会員活動イメージ

歌や楽器で音楽を演奏する方

会員の音楽を聴たり、応援したい方


最新情報

2021年1月16日(土)より運用開始!

あなたの音楽センスを知ることが出来る検定です

一般社団法人日本音楽技術協会の会員になると(無料)、どなたでも受験出来ます


プロ認定事業

一般社団法人日本音楽技術協会があなたをプロアーティストとして認定します


音楽をもっと楽しむために、コード理論を学びます

  • オンラインでコード理論を学びます。
  • ミュージックセンス開発検定に合格後、日本音楽技術協会の会員登録をされた方が受講できます。

現在計画中・2021年3月スタート予定

歌が歌える、楽器が弾ける事をもっと評価する検定です。

  • オンラインの検定となります。
  • 音楽マイスター2級以上の方は、日本音楽技術協会が合格者の音楽活動を支援します。
  • 社会貢献出来る資格です

現在計画中・2021年3月スタート予定

ミュージックM1グランプリ

  音楽の感動の検定です

音楽感動検定 ミュージックM1グランプリ

音楽リレー